セキュリティ対策の必要性

インターネットの普及に伴い、パソコンを通じての、情報漏洩が問題視されています。
インターネットやパソコンが今のように普及する前から、ウイルス感染という問題は存在していました。
その当時のウイルスは、データの破壊や、いたずらが目的のものが主流でした。
最近は、インターネットが普及し、多くのパソコンがインターネットに繋がっている状態になっています。
また、インターネットによる様々なサービスも開始されました。
それとともに、ウイルスなどの悪質なプログラムも、情報を盗むことを目的としたものが主流と変わってきています。
それまでは、データ破壊程度で収まっていた被害が、個人情報の漏洩などのように不特定多数の被害を生んだり、不正アクセスにより金銭的な被害を生むようになってきたのです。

今現在、セキュリティ対策無しには、安心してパソコンを使ったり、インターネットを利用することができない社会になっていると言っても過言ではありません。
自分は大事な情報など持っていないからといって無関係を装う人もいますが、例えば、何かしらのサービスを利用していた場合、IDとパスワードを盗まれて、気づかないところで自分になりすまし、犯罪を行っていたということもあるのです。
ですから、少なくともインターネットを利用する環境においては、例外なくセキュリティ対策が必要と考えるべきです。

最近では、パソコン以外でも、携帯電話やスマートフォンでインターネットを利用する人も増えてきました。
特にスマートフォンにおいては、プログラムを開発しやすい環境ということもあり、既に悪質なプログラムの存在が確認されています。
今のところ、まだまだ、パソコンと比べれば被害は多くないのですが、スマートフォンは急激なスピードで普及していることもあり、今後パソコン同様のセキュリティ対策の意識が必要になってくると言われています。
現実に、スマートフォン向けのセキュリティソフトや、セキュリティサービスが提供され始めています。